美容室と床屋の違い メインビジュアル

あなたは美容室派?床屋派?

美容室や床屋で髪の毛の手入れをしてもらうのは気分がいいですね。見た目のイメージチェンジだけでなく、気持ちまでリフレッシュできるように思います。 床屋でも美容室でも、日本ではシャンプーのテクニックが素晴らしいと言われています。海外のサロンとは違い、ゆっくりと時間をかけて、まるで頭皮を優しく マッサージするような感覚です。最近では、ヘッドスパと呼ばれるメニューもできて、専用のシャンプーや炭酸泉などを使用して毛穴の汚れをスッキリ落として 頭皮を清潔な状態にしてくれます。頭皮の血行もよくなるので、発毛や育毛にもいい影響を与えます。まるで育毛・発毛サロンのようですね。
さて、美容室と床屋の最も大きな違いと言えば「顔剃り」です。つまり、床屋では「顔剃り」ができますが、美容室では「顔剃り」ができません。 最近はヒゲ男子が流行っていますが、どんなにお洒落な美容室でも髭(ひげ)の手入れはしてもらえないのです。 いつも美容室を利用している女性も、顔剃りをしてもらうなら床屋に行かなければならないのです。目的を持って美容室と床屋を使い分けたいですね。

ヘアサロン
  • カッコいいひげは脱毛で作る
    名古屋駅から徒歩3分のメンズ脱毛専門店「ハロス」
    毛量やデザインを考えてお洒落なヒゲをメイク。
    名古屋市中村区名駅3丁目13-31 名駅モリシタビル 9F
    http://haloss.jp/

美容室と床屋

床屋と美容室の違いはどこにあるのでしょうか。 なんとなく男性向けが床屋で女性向けが美容室と考えている人も多いでしょうが、イメージとしてはそれで正しいですが実際にはちょっと違ってきます。 オシャレな女性が行くのは美容室というのは正解ですが、今ではオシャレな若い男性でも美容室で髪を切ることは珍しくありませんし、 美容室が女性だけのお店であるとは言い難いからです。 この2つのお店で受けられるサービスにそれほど大きな差はないのです。
もっと詳しく

美容室

後発の美容室

理容師に髪を切ってもらえる床屋の成立ちは文明開花の断髪令が敷かれた頃に遡りますので、かなり昔から床屋は男性に親しまれていたことになります。 ですが女性は明治時代になっても髪を結うだけが一般的で、パーマどころか毛をカットするという概念がありませんでした。 教科書などで見る昔の女性はみんなストレートで長い髪の毛をしています。 女性向けの美容室というものが考えられない時代が長かったため、最初は理容師法が昭和23年に作られ、そこから約10年後の昭和32年にようやく理容師法と美容師法に分かれたのです。
もっと詳しく

美容室の外観

床屋と美容室は提供されるサービスは似ていますが、店構えはかなり違います。 それぞれ客層が違うのでお客さんが入りやすい、好まれる外観も違うのは当然で、この店は美容室なのか床屋なのかどっちだろう?と疑問を感じたのなら、 お店をよく観察すればおのずとその答えもみつかるでしょう。 基本的に女性受けしそうなオシャレな雰囲気であれば美容室、中年男性でも入りやすい雰囲気なら床屋であると考えておけばだいたい正解になります。
もっと詳しく

ヘアカット鋏
  •  

美容室の定休日

美容室はなぜ月曜定休の店が多いのでしょうか。 地域によってはその限りではありませんが美容室の定休日は月曜日が多いようで、月曜日に急に髪の毛を切りたくなっても開いてるお店が見つからない、 どこに電話しても留守番電話のメッセージが流れるだけ、ネットで調べても月曜休みの美容室しか出てこなくて困っちゃった、ということになりがちです。 どういうわけか定休日がばらけておらずどのお店も月曜休みなことに疑問を抱く人もいますが、なぜそうなのかを知るために調べることは面倒なのでなかなかしません。
もっと詳しく